お知らせ

鈴木杯 男女シングルス エントリーリスト 11月23日開催

男子

①熊切一彦 ②栗原喜一 ③林宏隆 ④大岡友浩 ⑤庄司秀則 ⑥今泉仁 ⑦堀越健二 ⑧山崎拓馬 ⑨鈴木健之 ⑩平塚雅暢 ⑪宮内勝彦 ⑫田中康太 ⑬鈴木健太郎 ⑭伊藤秀史 ⑮副田健弥 ⑯久保孝夫 ⑰楠本弦樹 ⑱久保至 ⑲飯豊明久 ⑳永富裕幸 ㉑深山亮 ㉒高橋洋輔 ㉓野中貴之 ㉔田中直貴 ㉕黒川誠司 ㉖猪俣響 ㉗川口聡 ㉘櫻井章貴   合計 28名

女子

①金井夏帆 ②竹村恵子 ③野村綾子 ④和田千代美 ⑤古野和美 ⑥宮ケ原さおり ⑦鈴木裕子 ⑧中道聖子 ⑨宮内茜 ⑩御園泉 ⑪山影淳子 ⑫田積美津子 ⑬佐々木愛 ⑭吉村久美子 ⑮千葉有希 ⑯大森奈保子 ⑰高橋久美 ⑱深山美智代 ⑲石橋あや香 ⑳乃咲くみ子   合計20名


12・9混合W3ペアチーム対抗 受付期間の変更について

11/25~12/02に変更になりました。(鈴木杯要綱)


2018 11・25 チーム対抗(女子W・混合・男子W)定数16

11/25 (日) 高浜庭球場 8時30分 受付  9時 試合開始  

 

予定数を越えたので、会員の多い順で先着順に決定しました。。

 

①UDON(6) ②チーム飛鳥(6) ③検見川浜の風1(6) ④検見川浜の風2(6) ⑤オーラモモショットB(6)⑥まりりんず☆(5) ⑦ネギーズ(5) ⑧南アルプス(5) ⑨NIKKI(4) ⑩フレームショット(4) ⑪花組(4) ⑫サムザイル(4) ⑬てにぱら幕張(3) ⑭月組(3) ⑮空海(3) ⑯ブルーローズ(3)

 

抽選でハズレたチーム 次回、新春大会の参加をお待ちします。 

⑰チームヘビィ(3) ⑱QUATTRO(3) ⑲平成世代(2) ⑳さわむらーず(1) ㉑ル・ラトンセ卍(1)

 

 次回、新春大会は、2019年1月5日 チーム対抗 県スポーツセンター16面 32チーム受付します。

12月9日 混合W3ペアチーム対抗が開催されます。こちらに参加してください。


第32回全国スポーツ祭典 ドロー・タイムテーブル・宴会場を、掲載しました。

ダウンロード
第32回全国スポーツ祭典ドローシングルス.pdf
PDFファイル 131.8 KB
ダウンロード
第32回全国スポーツ祭典ドローダブルス.pdf
PDFファイル 182.5 KB
ダウンロード
タイムテーブル 改訂版.pdf
PDFファイル 93.0 KB
ダウンロード
第32回全国スポーツ祭典テニス大会注意・進行事項.pd.docx
Microsoft Word 19.1 KB
ダウンロード
選手のみなさんへ.docx
Microsoft Word 24.2 KB
ダウンロード
開会式・レセプション会場案内.docx
Microsoft Word 323.3 KB

第25回鈴木杯の大会要項を確認してください。(10・7~12・23)

11・23 男女シングルス  青葉の森テニスコート 11/04~11/16

11・25 チーム対抗    高浜庭球場      11/04~11/16

12・02 混合W      高浜庭球場      11/10~11/22

12・09 混合W3ペアチーム対抗 高浜庭球場    11/25~12/02

12・23 シニア 女子チーム対抗 県スポーツセンター 12/02~12/09

12・23 壮年男子ダブルス    県スポーツセンター 12/02~12/09

 


2019年1月~3月の大会予定が変わりました。年間日程・なのはな大会要綱を確認してください。


2018 全国スポーツ祭典テニス大会の要綱と会場地図を掲載しました。

全国大会の、仮ドローを掲載しました。


千葉県テニス協議会、総会結果

2018年4月30日(月・祭)午後6時~8時

会員の声を中心に、今年度の改善を図りました。意見、要望を運営委員にお寄せください。1、試合結果のホームページへの記載が遅い

改善点⇒試合結果は、タイムリーに記載し、改善を図った。

2、シニア大会の会員から「6人では体力が持たないので、参加したいが参加費を検討してほしいの要望が有りました。

改善点⇒6月以降のチーム対抗の参加費を、6人以上で1チーム7000円とし、会員1人につき500円引き(6人まで)とする

3、待時間が多いので、短縮を図って欲しい。

改善点⇒受付チーム数を、最大で夏場24チーム、冬場16チーム迄受付する。予定数を超えた場合は、会員の多い順で先着順に決定する。予定数以上は、お断りします。

4、男女シングルスの参加者が少ないので、開催を減らしたらどうか

改善点⇒今後も続ける。参加者に仲間を誘って、参加人数を増やす

5、シニア及び女子は、ハードコートより、オムニコートで試合がしたい。

改善点⇒オムニコートを今年度は30日確保しました。シニア及び女子は、オムニコートでの試合するよう配慮した。

6、5月と9月は、大会参加者が少ない時期があった

改善点⇒①壮年ダブルス大会の開催。②2ペアチーム対抗(男女別2ペア・混合W2ペア)

7、チーム対抗の優先順位を先着順にして欲しいとの要望が有りました。

改善点⇒検討した結果、会員のリーダーの意見を反映して、会員の多い順で先着順に決定しました

 

非会員の皆さん。是非、入会してたくさんの試合に参加して下さい。年間47回の試合が有ります。